meeting program

ロータリー例会プログラム

2020~2021年度 大阪-淀川RC 例会プログラム(2020年12月度)

2020年11月27日更新
例会日卓話内容
12月4日(金)「縄文文明」
当クラブ 今城 賢 会員

about us

大阪淀川ロータリークラブへようこそ

大阪淀川ロータリークラブは、1961年1月14日、大阪ロータリークラブおよび大阪北ロータリークラブのスポンサーにより、仮クラブとして発足いたしました。
チャーターメンバーは25名、初代会長に谷口直之氏が就任され、例会場は阪神百貨店7階特別室でした。

1961年6月25日、大阪淀川ロータリークラブは国際ロータリーから加盟認証状を受けました。
その日、大阪市内の2クラブ、府下の6クラブ、奈良県下の1クラブの合計9クラブ合同という大規模な認証状伝達式が行われました。
ロータリークラブ会場に当てられた大阪新歌舞伎座の大ホールには1,500人の参加者を迎え、佐藤義詮大阪府知事、奥田良三奈良県知事、中野静夫ガバナーをはじめ、9クラブそれぞれの市の市長も出席されました。当クラブからは、会員24名、ご家族を含めて59名が出席いたしました。 (50年史より)

インスピレーションになろう

Rotary Club / Rotary Theme 2020-21

多くの意味で、ロータリーは素晴らしい状態にあります。財務も健全です。財団は、世界で最高の慈善団体の一つに数えられています。グローバル補助金は増え続け、ロータリーは年々、国際的な活動に注力するようになっています。ロータリーはまた、興味深いかたちで進化しています。今では、アジアのロータリアン数が北米のその数を上回っています。しかし、この傾向が続けばリスクもあります。特に人口の高齢化が進む地域で、ロータリーが衰退し、老齢化しています。何もせずにこれまでの功績に満足していることはできません。デジタル革命が私たちにもたらした打撃は、予想をはるかに超えています。これまでもこの課題に直面していましたが、十分な対応が取られてきませんでした。とはいえ、私たちは急速な変化に負けません。この機会をとらえてロータリーを成長させ、より強く、適応力を高め、中核的価値観により沿ったロータリーとなるのです。

私たちは、共有する価値観の下に集まっています。私たちは皆、固い友情でつながり、「四つのテスト」を信じています。ロータリーを経験する方法はいたるところで異なりますが、「四つのテスト」は誰にとっても同じです。ロータリーは、奉仕プロジェクトを実施し、やり遂げる機会を与えてくれます。これらは、意義があり、持続可能なプロジェクトです。ロータリーでは、寄付だけでなく、奉仕活動も行い、その奉仕がもたらす持続可能なインパクトをこの目で見ることができます。これは、他にはない機会です。ロータリーは、奉仕のアイデアを実行に移すために、世界を旅する機会を私たちの多くに与えてきました。ロータリーはまた、リーダーシップの機会も与えてくれます。私たちは皆、新しい大きな責務を引き受けました。これは、自分自身の栄光のためでなく、ロータリーのために、ロータリーのネットワークを強化する機会です。人びとのためにリーダーシップへの道を切り開いてあげることこそ、真のロータリーの理念であり、そうすることで皆さん自身がより効果的なリーダーとなります。

私たちがここに来たのは、ロータリーがもたらす機会を信じているからです。それは、ほかの人びとにとっての機会であり、私たち自身にとっての機会です。奉仕の行いは、その大小にかかわらず、助けを必要とする人たちのために機会を生みだすものであると信じています。私たちはまた、どんな奉仕の行いも、インスピレーションを与えることで私たちを変える力をもっていることを知っています。ご存知の通り、ロータリーとは、クラブに入会するというだけでなく、無限の機会への招待です。ポリオ根絶のように大規模で歴史的なプロジェクトから、地域社会でのささやかなプロジェクトや1本の植樹まで、奉仕する機会への扉を開いてくれます。私たちの中核的価値観を基に、世界中の友人たちとともに、より豊かで意義ある人生への機会の扉を開いてくれます。ロータリアンとして、ロータリーにとってのこの素晴らしい時にリーダーの役割を務められることは幸いです。私たちのあらゆる活動が、どこかで、誰かのために機会の扉を開いています。従って、私たちの年度のテーマは、「ロータリーは機会の扉を開く」です。

2020-21年度国際ロータリー会長ホルガ―・クナークの会長テーマより

大阪淀川ロータリークラブ2020-21年度クラブテーマ
「Connecting Bonds with Gratitude」感謝で絆をつなぐ

大阪淀川ロータリークラブは今年度60周年を迎えます。
今年のテーマは感謝です。
先人たちへの感謝の心を持ちながら、新しい挑戦を迷いなく行っていき新しい世代に繋いでいきましょう。

少人数ですが活気ある活動をして、若い世代とも積極的に一緒に活動機会を持ちたいと思います。

またロータリークラブの原点に戻り、「奉仕の理想」を実現するべく、You First, 他人を想い他人の為に尽くす、を実現するべく、まずは感謝を皆で共有したいと思います。

当たり前の事に感謝する、その感謝を口に出して伝える、そんな簡単な事でもクラブや関わる方々との間に小さな幸せや喜びを生み出せます。

次の世代にも幸福をつないで行けるよう、クラブ活動を喜びあるものにしていきましょう!

他クラブの方も、ぜひ大阪淀川ロータリークラブにお越しください! 金曜日12:30より大阪駅ホテルグランビアで例会を開催しております。

よろしくお願い致します。

2020‐21年度会長 林 志織

2020‐21年度会長 林 志織

クラブ概要

名称

大阪淀川ロータリークラブ
OSAKA-YODOGAWA ROTARY CLUB

事務局住所

〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目1番3号 大阪駅前第3ビル30階
1-1-3,Umeda,Kitaku,Osaka,530-0001,JAPAN

電話番号

06-6348-8437

FAX

06-6456-2100

メールアドレス

office@osaka-yodogawa-rc.jp

設立年月度

1961年 1月14日

例会場

ホテルグランヴィア大阪 20階

例会日時

毎週金曜日 12:30~13:30